POLICY政策

政治に携わる者は国の未来を考える責務を負っています。「青山やまと」はそれを忘れずに日々、目前の仕事に取り組んでいます。

誰もが自分の人生を肯定できる、自分を幸せにするために自ら活躍できる懐の広い日本を「青山やまと」は皆様とつくっていきたく思います。

茨城県議時代の質疑内容はこちら

2019年1月30日に菅官房長官(当時)へコロナ対策を申入れた
01

コロナと経済の両立
両立を阻んでいる障害を取り除きます

  • PCR検査の抜本的拡充
  • 消費税減税
  • 医療機関や介護福祉機関への財政支援の拡充
  • 休業要請に経済支援を伴う規定をいれるよう特措法を改正
  • 授業料半額、最大20万円の一次給付金で学生を支援
予算委員会にて。前向きに課題を解決していく政治をめざす。
02

人を大切にする国づくり
(社会保障制度の再構築、教育・文化の重視等)

  • 最低保障年金(ベーシックインカム年金)の検討
  • 医療介護人材の処遇改善
  • 個人の選択によるストレスのない働き方を実現するための改革推進
  • 児童手当の増額
  • ひとり親家庭など様々な背景を持つ子どもたちへの学習支援
  • 障害を持つ子どもたちへの早期支援
  • 養育費確保にむけた立法措置の取組
  • 文化財保全のための予算確保
昔も今も変わらず現役消防団員
03

自然災害に強い国づくり

  • 台風に備えた河川改修
  • 消防団充実のための支援
  • 万全の備えと被災事態対処を専門とする防災省の創設
  • 地域インフラの整備
豊かな農村地帯を筑波山から望む

04

農業大県いばらきを支えて日本の食を守る

  • 食料自給率向上
  • 戸別所得保障制度を復活させ農業基盤を支える
  • 食の安心安全
  • 学校給食への導入等による地産地消推進
  • イノシシ等鳥獣被害対策
財務金融委員会で税や中小企業支援について質疑

05

生きやすい豊かな地域分散社会を作る

  • 公平、中立、簡素な税制を構築
  • 新技術・製品分野の世界標準化推進と基礎研究重視
  • 権限財源移譲と一括交付金導入で地域の力を後押しし、自律した地域社会実現
  • 研究環境のハード面の整備――施設老朽化対策など
  • 研究環境のソフト面の改善――現場を支える研究系非正規雇用人材の処遇改善
  • 地域公共交通の支援
  • 中小企業支援の拡充
  • 地方の空き家活用
国会議事堂

06

国会議員定数削減